「ほっ」と。キャンペーン

バスガイドならば、これだけは守れ!


by y5vj0dqjgk

平城宮の役人は肉食? 牛豚からの寄生虫卵検出(産経新聞)

 奈良時代の官庁街だった平城宮跡・東方官衙(かんが)地区(奈良市)で昨年見つかった土壌化した糞便(ふんべん)から、牛や豚、ニワトリから感染する寄生虫卵が検出されたことが17日、奈良文化財研究所の分析でわかった。奈文研は「寄生虫卵の存在は、役人らが肉を食べていた証拠では」と推測。奈良時代の日本人の肉食を考古学的に裏付ける初めての資料になるという。

 同様の寄生虫卵はこれまで、大宰府・鴻臚(こうろ)館跡(福岡市)などで確認されているが、外国人の糞便とされている。平城宮跡での検出について、奈文研の今井晃樹主任研究員は「遺構は衛府(えふ=宮殿の警備組織)とみられる区画にあることから、外国人ではなく、宮内勤務者が肉食をしていたと考えられる」と指摘した。

 奈良時代の肉食については、イノシシやシカなどを食べたことを示す木簡が平城京跡から出土している一方、当時は牛馬などの殺害禁止令も出されていた。

 昨年の発掘調査では、当時のトイレットペーパーとされる棒状の木片「籌木(ちゅうぎ)」や、ウリの種が埋められた複数の穴(直径約60センチ)が出土。このうち5つの穴から、宮跡内で初めて糞便の堆積(たいせき)物を確認し、分析していた。奈文研は、これらの穴について恒常的なトイレの可能性は低く、臨時のトイレか糞便を廃棄した穴と推測している。

【関連記事】
平城遷都祭「火炎瓶」脅迫男を逮捕 ボランティア応募「職員対応に腹立った」
せんとくん危機一髪? 「火炎瓶投げる」脅迫容疑で男逮捕
平城遷都ボランティア参加断られ「火炎瓶投げる」 脅迫男きょう逮捕
平城遷都祭に「まいど衛星」の技術 落雷など予報
飛鳥京跡最大級の建物跡発見、天皇の内裏か?
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

グレーゾーンの看護業務の実態調査案など大筋了承―チーム医療推進WG(医療介護CBニュース)
歌丸さん、肺疾患の予防会合で「意見」(読売新聞)
<密航助長>容疑者を逮捕…タイから移送 千葉県警(毎日新聞)
上賀茂神社もアライグマの被害に 専門家が調査へ(産経新聞)
国内初の繁殖成功ゾウ「あまりにも早すぎる死」(読売新聞)
[PR]
by y5vj0dqjgk | 2010-06-18 10:56